返信とか連載とかそれ以外とか

連載における夢主の初期設定とかアニメの話とか漫画版のはなしとか。徒然なるままに
◆お兄様の紹介 

とりあえず第一位始祖のお兄様がやって来ました。


ウルド「フリーレの兄……だと」

リーグ「僕とフリーレ君が交際の挨拶をしないと」

ウルド「黙れリーグ。こちらは結婚の挨拶をしないといけないんだ」

レスト「あ、あの……フリーレ様のお兄様の御前にあらせられますので」

キ・ルク「お、お静かにした方がよろしいかと」

クルル「お兄様その2の無言の佇まいと氷点下の眼差しが怖すぎるんだが」

レスト「に、睨まないで下さい!!怖すぎるのでー!」

お兄様その2「…………」

お兄様その1「気にすんな、あいつのアイデンティティーだから」

ウルド「なんて嫌なアイデンティティー……」

フリーレ「まぁ、その……健在なお兄様です。はい、自己紹介をアンタから」

お兄様その1「随分適当だな妹よ、おいこら。まぁ適当に自己紹介するか」

フリーレ「はい。ようこそ!ワルキューレ・ワールドの替え歌で、イントロ飛ばしてせーの」

リーグ「え、替え歌?」

お兄様その1「アイオーン・リンギット 年齢は秘密 後方支援の呪術禁術専門家 俺がリンギット家の長男だ!」

フリーレ「よろしく!」

上位始祖『!?』

アイオーン「三白眼のこいつはセフィラ 年齢は秘密 アダ名はセフィロス またはピサロ!妹より クソ強い 見た目も中身も恐怖の災厄!出てきたら ラスボス専用BGM!片翼の天使が流れちまう!」

フリーレ「リンギットの死神!」

キ・ルク「死神なんですか!?」

ウルド「アダ名の一つが掠りもしてない…」

アイオーン「妹はフリーレ・リンギット 年齢不詳 リンギットの女神!体重とBMIとスリーサイズは…」

フリーレ「はーい、アイオーン。ここまでー」

アイオーン「ぎゃふんっ!!?」

レスト「突然のDV!?」

フリーレ「ウルドにも秘密の個人情報を流してんじゃねーわよ!危険なリーグもいるんだし、あぶねー…」

アイオーン「ちょっ、待て!俺ちゃんと紹介したよね!?」

フリーレ「セフィラの情報しか入ってこないわよ!!なっにが後方支援よ!普通にリーグの心臓抜き取ったくせして!」



凄まじい兄妹喧嘩が始まっております。しばらくセフィラと共にお待ち下さい。


レスト「心臓、抜き取られたのか?」

リーグ「そういやそうだった……抜き取られたんだった」

クルル「お兄ちゃんは凄いな」

ウルド「リーグの心臓を普通に抜き取った……なんて兄だ」

キ・ルク「凄まじい兄ですねぇ」

セフィラ「…………」

ウルド「こっちはかなり怖いがな」

レスト「ヒイッ!こっち見てる!怖い!」

クルル「三白眼の上に氷点下の眼差しが怖い!」

キ・ルク「ずっと無言なのが怖い!」

リーグ「せめて一言喋って!」

セフィラ「…………」

ネフェシュ「疲れたから遊●王デュエルリ●クスやっていい?だってよ」

上位始祖『……あんた誰?』

2017/09/04(月) 00:47

[コメント書込]

[戻る]
[TOPへ]
[カスタマイズ]



©フォレストページ