返信とか連載とかそれ以外とか

連載における夢主の初期設定とかアニメの話とか漫画版のはなしとか。徒然なるままに
◆ああ、ついにまさかの 

フリーレ「62話にてまさかのキ・ルクが堂々のセンターカラーとはねー」

キ・ルク「遂に俺がカラーで来ましたか」

ウルド「第五位のくせに…」

レスト「センターカラー…だと?」

フリーレ「上位始祖の中でセンターカラー飾ったのはクルルくらいじゃない?」

キ・ルク「クルル様と俺、ドライブデートですよ」

フリーレ「ちゃっかりオート●ックス寄ってはバッテリー片手に機械いじり。なんでこうも吸血鬼って機械いじりが得意なのかしら。しかも日本語読めてるし」

キ・ルク「そりゃ教育がいいからですよ♪」

フリーレ「いいなぁ。ドライブデート……。私もウルドとドライブデートしたいよ。片手でハンドル握って運転しているウルドを横目にー、その空いた手で私の手を握ってそのままどこかに逃避行したいなー」

ウルド「分かった。今しようか」

レスト「急すぎますよギールス様!!」

リーグ「ドライブデートなら僕もオススメするよー」

フリーレ「オメーは小説7巻でショタとドライブしてるだけのただのオッサンじゃねーか」

リーグ「ねぇ、何で僕だけ毎回扱い雑なの!?僕、そろそろ泣きそうなんだけど!?」

フリーレ「だって敵だもん」

ウルド「敵だからだろ」

レスト「敵だから」

キ・ルク「フリーレ様の敵だから」

フリーレ「月マガのリーグの活躍?んなもんウルドたちと一緒に読んだあと、征志郎のコマと一緒に破って燃やしたから」

リーグ「酷いよフリーレ君!!」

フリーレ「16歳の破滅1巻の2話目からちゃっかり出てきやがって。しかも今月も出やがって。私が16歳の破滅で見たいのは!深夜君と小百合ちゃんだけだから!」

全員『(主人公のグレンじゃないんだ)』

2017/11/05(日) 13:07

[コメント書込]

[戻る]
[TOPへ]
[カスタマイズ]



©フォレストページ