鈴鳴の縁側

またもう一度、君に会えたなら。

この偏屈で窮屈な世界に、あの鈴の音が響くなら。

いつか、そんな奇跡がもし起きたなら。

その時は君に名前をつけよう。



また会おうと言うより先に、言うべき言の葉が寂しげに震えて舞った。


―さよなら―

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ