7月1日午後2時

いつも笑っている風に見せても

本当は何も感じていない

いっそ消えてしまえば、なんて。

そんなからっぽな僕に

君はいつもじんわりと染みる笑顔を向けてくれた。



Main / memo 

        

でも僕はそんな自分に浸っていたから

君の隠していた真なガラスに気付けなくて

ひび割れたそのガラスに気づいたころには君はもういなかったんだ。






colors
黒子のバスケ物語
東京喰種rank
東京喰種検索
仮想空間


ブックマーク|教える
訪問者457517人目




©フォレストページ