銀 魂

□我がサイトの設定カポー
1ページ/4ページ

 
●受け編●


「Hey誰だテメー。」

「あ"ぁ?あんたこそ誰だよ。まずは自分から名乗るのが流儀だろうが。」

「…OK。俺は奥州筆頭伊達政宗!!」

「(伊達…政宗?あぁ…戦国時代の…。ってなんでココにいんの?え?共演?知らねぇよ!聞いてねぇし!つーかどゆこと?)」
「おい、アンタも名乗れよ。」

「あ、あぁ…俺は真選組副長土方十四郎。」

「真選組?ドコの軍だ?」

「軍というか組だな。俺達は攘夷浪士を即時処分する特殊警察部隊だ。まぁ戦国時代に警察なんて居ないだろうが…。」

「警察……そいつぁCOOLだ」

「(なんで英語喋れんの?つーか今の説明分かったの?)」

「なぁあんた、『俺の』darling見なかったか?」

「ダーリン?(強調しやがった)」

「yes!俺の幸村だ。紅蓮の鬼と呼ばれ戦場で恐れられた俺の真田ゆきむるぅああぁ!」

「《ビクッ》いきなし叫んでんじゃねーよ!…それをいうならお…俺の銀時知らねぇか?」←感化された

「銀時?あんたのdarlingか?」

「ダーリンはやめてくれ。つーか名乗ったんだから名前で呼べよ」

「OK、十四郎!十四郎も俺の事気兼ねなく名前で呼んでくれや。」

「(一国の主を呼び捨てか…?まぁすでにタメ口きいちまってるから後には引けねぇが)分かった…政宗。」

「That's right!んじゃ一緒に幸村と銀時捜しに行くか。」

「お…おぉ。」


ちょっと押され気味(決してヒいてるわけではありません)な土方は政宗と共に彼氏を捜す旅(?)に出た。


 
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ