銀 魂

□シアワセ?
1ページ/3ページ

 
分かっていた。
俺じゃダメなんだってことくらい。

「土方…」

「あ…ッ…やめ…」

久し振りの逢引。
やることは決まっている。
俺達は恋人同士という肩書きがついてる変人同士。
もしくはモノ好き。
いま俺達がしていることは禁断愛ってやつ。
世間一般からみても俺らの関係はオカシイはず。


「何考えてんの?」


情事が終わるといつもと違った俺に気付いた銀時。


「なんも考えてねーよ」

「そーか?なんか今日変じゃねぇ?」

「変なのはテメーの髪型だ。」

「は?オメーいま天パバカにしたろ。」


こうやってコイツのコンプレックスをバカにすれば、いつものような喧嘩友達になる。
なぁ銀時…気付かないでイイから。
お前は俺みたいな男じゃなくて、もっともっとイイ女と幸せになれる。
だから気付くな。
俺がこんなに醜い感情を持ってる事なんて。

「銀時…」

「あぁ?なんだよ」

「お前が好きだ…」

「いまさらなに言ってんだよ。当然だろうが。俺だってお前…アレだよ?土方のことだーい好きだからね!むしろ愛してるから。」

「バーカ」


バカだなホント。
俺なんかにそんな優しい目向けんなよ。


 
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ