るろうに剣心長編





雪…。



桜…。





雪のように切ない恋心、そのまま消えた悲しみ…。
そんな彼を彼女が桜のように…
はかなくも、暖かい眼差しで彼を包む。




愛しくても、あなたの心に入る事が叶わない私。
私は、ひっそりと、撫子となりましょう。

雪に降られても…桜のふもとで気付かれなくても…。

私はただ、ひっそりと、あなたの側に居て、
あなたをずっと、見守り続けています。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ