長編


[1件〜1件/全1件]

華のごとく、風のごとく 第一章

文久3年、騒乱の世に生きた者達がいた。
それは華のように美しく、風のように囚われず、彼らはただ駆け抜けた。
――少女は愛するが故に隠し、少年は悟るが故に黙り、青年は想うが故に守る。
それぞれの思いの果てにある未来は――



[1件〜1件/全1件]

[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ