銀魂 短編小説

□高杉って...
1ページ/1ページ



「高杉って 下着はいてんの?」



「...はぁ?」



「いや 気になってさ」



「...とうとう 頭沸いたか?」



「いや 真面目に」



「...銀時?」



「だって、高杉がトランクスってなんか似合わなくね?」



「...俺に 聞くな」



「でも だからってブリーフじゃないだろうし」



「......」



「まさかの ふんどしとか? でもそれもなぁ...」



「(大丈夫か コイツ...)」



「よし高杉、脱いで」



「......はぁ??」



「だから、 ぬ・い・で★」



「何言ってんだ テメェ」



「前々から気になってたんだよね、立ち膝しながら座ってて見えないのかなって」



「...おい」



「脱がないの? じゃ俺脱がしてイィ?」



「馬鹿か 何するつもりだ」



「...ナニかしてほしい?」



「・・・テメェ 最初から狙ってたな?」



「まさかぁ。 まぁどうせなら......ねぇ?」



「「ねぇ?」じゃねぇよ」



「とりあえずまぁ 脱がすか」



「はぁ? ちょっとまっっ
...テメェェエエ///!!」







...結局 高杉の下着が何か知っているのは銀さんだけでした。

......終われ←

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ