銀魂 短編小説

□煙草はハタチになってから
1ページ/6ページ



学校の屋上。

今日は天気も良く、上には真っ青な青空が広がっている。


今、学校は授業中で、外での体育の授業もないので、あたりはシンと静まり返っていた。


そんな場所で1人、煙草を吸っている男がいた。




―--高杉 晋助---―




この、何かと問題の多いこの学校でもさらに問題の多い生徒。

普段、滅多に学校に来ないこの生徒を、この学校の者ほとんどが知っている。
知っているといってもただの噂でだが。

それほど高杉は悪名高い問題児もとい、不良。


今日もフラッと学校に来たと思ったら、絶賛サボり中である。



「...ふぅー、つまんねぇなぁ」



吐き出した白い煙が空の蒼に溶けて、消える。

幾度となく吸っては吐くという行為を繰り返していた。



とそこに、ガチャっと屋上のドアが開く音がした。



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ