桃色桃味

あまりにも綺麗で

あまりにも可愛くて

桃色に染めた、その頬は

きっと桃味なんだろうな

なんて、妄想してみた。
初めに
自分
日記
本棚
夢と願望

夢から覚めた

まだ残る君の温もりが

私を包んでくれるはず

たぶん。


ブックマーク|教える
訪問者14708人目




©フォレストページ