あぃのぅた

気づいているの

始まりがあるから
終わりがある

それだからこそ私は

もう一つの物語をひらく

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ